ポンピン最安値公式サイトはコチラ!

★最安値公式サイトはこちら!★
Ponpin(ポンピン)


バストアップジェルとゼリーが一緒になった新発想のバストケア用品「ポンピン(Ponpin)」。

体の内外両方からアプローチできる特徴を持ち、おまけに女性の月の周期に合わせて使い分ける仕様のため、心身への負担が少ないこともポイントです。

しかし、内外両方からケアするとなると、抵抗がある人も多いでしょう。

 

ポンピンには危険な成分が含まれていないか、副作用の心配はないか、購入前に知っておきたいですよね。

公式サイトでは理解しにくいこともまとめたので、この記事を参考にしてくださいね。

 

ポンピンアップジェルの成分は何?使っても大丈夫?

ポンピンの優れた点はその独自開発の浸透力。

バストアップに欠かせない4大美乳成分と、女性に嬉しい美容成分が豊富に配合されています。

では、ポンピンアップジェルの成分を確認し、その詳細をご紹介します。

【ポンピンアップジェル】

ボルフィリン、アディボフィリン、ウラボシヤハズエキス、ダイズ種子エキス、ワイドタイム、プラセンタエキス、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、コメヌカエキス、サンザスエキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、ライム果汁、オレンジ果実、レモン果実、ビルベリーエキス、サトウキビエキス、セイヨウカエデ、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキヅタエキス、セイヨウニワトコエキス、セニアオイ花エキス、スギナエキス、ポップエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ヒマバタエキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウエキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花・葉・茎エキス、セイヨウトチノキ葉エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、トウセンキンカ花エキス、ヤグルマグギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、アロエベラ、クズ根エキス、クロレラエキス、カモミラエキス、カンゾウエキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリ根エキス

4大美乳成分とは?

ポンピンアップジェルは

 

「ボルフィリン」

 

を筆頭に4種類の美乳成分が含まれています。

副作用が心配と言われるプエラリアは使われておらず、苦手な方も安心して使うことができますよ。

 

ボルリフィン

なんと、塗った箇所の脂肪を増やす効果があります。

プエラリアより安全性が高く、十分な効果も実感できることから、美容業界で注目を浴びている成分です。

成分表記上は

 

「ハナスゲ根エキス」

 

といい、肌に弾力とハリをもたらしてくれます。

 

アディポフィリン

脂肪の蓄積を促す成分です。

世界最大規模の化粧品原料展示会で金賞を受賞した功績をもち、バストのハリはもちろん、ボリュームアップにも貢献してくれます。

短い時間でシワのケアが実感できることから、ほうれい線のケア用品としても使われています。

 

ウラボシヤハズエキス

脂肪細胞の栄養補給をサポートする酵素が3種類含まれており、バストの脂肪蓄積を手助けします。

聞きなれない名前ですが、ヤハズグサ属の海草から作られたエキスなんですよ。

肌にハリと潤いをもたらす保湿効果も抜群

ふっくらと美しいバストを作るために欠かせない成分です。

 

ダイズ種子エキス

おなじみダイズ種子エキスには大豆イソフラボンがたっぷり。

これは女性ホルモンの

 

「エストロゲン」

 

と類似した働きを持つため、乳腺を刺激してバストアップの効果が見込まれます。

他ダイズ種子エキスには保湿や美白、皮膚細胞の活性化も期待でき、お肌のトラブル防止にもうってつけの成分です。

 

ポンピンアップジェルの97,8%は美容成分!

ポンピンアップジェルの成分中における美容成分の割合は97,8%と極めて高く、

 

「ほとんどが美容成分で作られている」

 

と言い切れるほど。

その中でも注目される5つの成分を紹介していきます。

 

ワイルドタイム

シソ科の植物で、古くから月経トラブルにも用いられてきた薬草です。

美肌に必要な保湿作用、肌のバリア機能アップ作用、高い抗菌作用に加えて、メラニンを抑制する作用も期待できるので、美白にも良いですね。

 

プラセンタエキス

ビタミン・アミノ酸・ミネラルや酵素等の栄養がたっぷり入ったプラセンタ。

コラーゲン生成や新陳代謝のサポートもするため、シミ・シワ・たるみの予防といったアンチエイジングにも最適。

弾力に富んだ健康的な肌へ導く他、乾燥改善・疲労回復・ダメージ補修サポートなど、肌の健康を守る役割があります。

 

コラーゲン

高い保湿力を誇るたんぱく質の一種です。

肌に潤いを与え、ハリや弾力をもつ瑞々しく健康的な肌を導く手助けとなります。

 

セラミド

保湿に欠かせない成分の一つとして有名ですね。

肌のバリア機能をサポートすることで乾燥やダメージを防ぎ、整った潤いのある肌を導きます。

また、メラニン生成を抑える効果も期待できるので、美白にも最適。

 

ヒアルロン酸

保水力では随一の力を持つヒアルロン酸は、1gでなんと6リットルの水が保有できると言われています。

また、細胞間ではクッションのような働きをして細胞を守る役目を持つ他、シワ・たるみを予防する等、美肌にとって欠かせない成分です。

 

「ポンピンアップジェル」

 

にはその他40種類以上の美容成分が含まれ、従来の数あるバストケア用品の中でもずば抜けて優秀な配合となっています。

もはや高級ブランド化粧品並みと言っても過言ではありませんね!

 

ポンピンアップジェルは4種類のフリー処方!

もちろんポンピンアップジェルは敏感肌でも安心して使える配合です。

刺激の原因となる4つの成分を徹底排除し、誰でも続けられるよう配慮されているんですよ。

4種類の成分は以下です。

 

  • アルコール
  • 石油系界面活性剤
  • 合成着色料
  • 合成香料

 

ポンピンゼリーの成分は何?使っても大丈夫?

では次にポンピンゼリーの成分を見てみましょう。

【ポンピンゼリー】

エリストリール、デキルトリン、エラストンペプチド、ぶどう糖、アサイーフリーズドライパウダー、カムカム末、麴菌発酵大豆胚芽抽出物、乳酸菌殺菌末、ザクロエキス末、クの実エキス末、ギャバ、フィッシュコラーゲンペプチド、豚プラセンタエキス末、乳酸菌殺菌末、果汁混合末(りんご果汁、洋ナシ果汁、グレープフルーツ果汁、パッションフルーツ果汁、レモン果汁、赤ブドウ果汁、ストロベリー果汁、パイナップル果汁、マンゴー果汁、ライチ果汁、ラズベリー果汁)、シャンピニオンエキス末/ゲル化剤(増粘多糖類)、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ムラサキイモ色素、甘味料(アセスルファムK、アス@アルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料、L-アルギニン、ヒアルロン酸、ビタミンB6

スタイルアップ成分は2つ!

ポンピンゼリーには2つのスタイルアップ成分が含まれており、PMSや更年期症状、月経前の肌荒れなど、ホルモンバランスの影響で引き起こされるトラブルに立ち向かいます。

心身への優しさが追求された嬉しい配合ですね。

 

AglyMax®︎(アグリマックス)

AglyMax®︎とは、厳選した良質な大豆麦芽と原料とし、特別な麴発酵技術を使って

 

「アグリコン化」

 

して吸収力を高めたイソフラボンです。

その製法は特許取得済み

 

「安全で優しい作用」

 

「高い抗酸作用」

 

「高い吸収性」

 

が特徴です。

抗酸化作用が高いので、活性酸素除去に大きな効果が期待でき、AglyMax®︎は偏食の多い方やストレスに悩む方への救世主にもなり得ます。

また、イソフラボン中の

 

「ダイゼイン」

 

という成分は女性ホルモンの

 

「エストロゲン」

 

に似た作用があります。

穏やかに作用するので副作用の危険が極めて少なく、安全性の高い成分なんですね。

これについては臨床試験が行われており、基礎ホルモンの値に影響を及ぼさないことが確認されています。

つまり、不正出血や生理不順等を起こしにくいということ。

 

ホルモンバランスが改善されればPMSや更年期の嫌な症状が緩和されてお肌の調子もアップ!

保湿力が上がる他、冷えやむくみの改善、骨粗しょう症の予防の効果も期待できる素晴らしい成分です。

 

エラスチン

ゴムのような伸縮性を持つたんぱく質の一種です。

コラーゲン同士を結びつけることによりシワ・たるみを予防し、また保湿効果もあるのでハリや弾力に富んだ肌を作ります。

エラスチンは食事からも摂取できますが、それだけでは不足しがちなのでサプリメントで補うしかありません。

肌のハリや弾力キープのためにも絶対に摂りたい成分ですね。

 

なんと4種類ものスーパーフードを配合!

不足しがちな栄養素を補うため、ポンピンゼリーには4種のスーパーフードが配合されています。

バランスの取れた栄養は美と健康維持に欠かせませんよね。

 

アサイー

「栄養の王様」とも呼ばれるアサイーは

 

「ブルーベリーの約20倍のポリフェノール」

 

「レバーの約5倍の鉄分」

 

「ゴボウの約3倍の食物繊維」

 

「レモンの約3倍のビタミン」

 

といった多くの栄養が含まれています。

体の錆を防止することからアンチエイジングの期待が大きく、海外のセレブや健康マニアの間でも大人気の成分。

その他、貧血予防や目の健康への効果が期待でき、ダイエット中に乱れがちな食事の栄養バランスをサポートすることにも向いています。

 

カムカム

レモンの約60倍のビタミンCが含まれるとされ、現代の地球上で最も多くのビタミンCを含む植物と言われています。

鉄分と一緒に摂取すると吸収効率が上がるので、アサイーとの相性もGOOD。

コラーゲンの生成を助けるほか、肌荒れやシミ・シワにも効果的で、抗酸化作用を持つポリフェノールも豊富に含まれるためアンチエイジング効果も期待できます。

体内から若々しい体を目指せる成分です。

 

ゴジベリー

中国では三千年以上も昔から健康のために用いられたと言う植物。

老化防止の効果が見込まれるので

 

不老不死

 

と謳われ、世界三大美女の一人である楊貴妃も食べていたそうです。

日本では

 

「クコの実」

 

としてお馴染みですね。

ポリフェノールを豊富に含み、ビタミンCはなんとオレンジの約500倍!

肌のハリやシミ・シワの予防に最適な他、炭水化物の代謝を促進させたり、生活習慣病の予防、新陳代謝のサポートを行ったりする働きがあるそうです。

 

ザクロ

ビタミンCの他にカリウムが豊富なザクロ。

女性にとって嬉しい成分が多く含まれるため

 

「女性の果実」

 

とも呼ばれます。

アンチエイジング、貧血予防、眼精疲労回復、抗酸化作用やダイエットサポートに向いている他、豊富なカリウムを含むのでむくみ解消にも最適です。

もちろん、新陳代謝を助けるので美肌にもうってつけ。

生理前後は肌トラブルや貧血、むくみなど多くの悩みを抱えます。

 

女性にとって嬉しい美容成分がふんだんに配合してあるから、辛い時期でも美と健康のための良きパートナーになるでしょう。

新陳代謝を促し、免疫力を高められれば、よりいっそうの効果が期待できますね。

 

3つの美容成分とは?

ポンピンゼリーにも肌トラブルから守るための美容成分が配合されています。

ポンピンアップジェルで詳細を載せたので、ここでは簡単に紹介しますね。

 

  • ヒアルロン酸:高い保水力を持った弾力成分
  • プラセンタ:豊富な栄養素を含み、新陳代謝促進やコラーゲン生成促進に有効
  • コラーゲン:高い保湿力があり、肌のハリ・弾力に不可欠な成分

 

リラックス・リフレッシュのための成分4つ!

ポンピンゼリーには乳酸菌をはじめとしたリラックス・リフレッシュ効果が期待できる成分も配合されています。

 

アルギニン

アミノ酸の一種で保湿効果が高く、ハリをもたらしてくれる他に乾燥やシミ・シワから肌を守ってくれます。

また、成長ホルモン合成の促進、体脂肪の代謝サポート、血流改善、免疫力のアップ、生活習慣病予防、疲労回復などたくさんの効果が期待できる成分です。

 

乳酸菌

ご存知、腸内環境を整えることで有名な成分です。

便秘解消を行うことでニキビや肌荒れを予防し、コレステロール値を下げるサポートも。

花粉症の症状緩和や、免疫力の向上、肝機能の向上にも良いそうですよ。

 

ギャバ

近年注目されることが多くなった成分。

正式名称は

 

「γ(ガンマ)-アミノ酪酸」

 

といい、アミノ酸の一種です。

リラックス効果や安眠をもたらす他、中性脂肪増加の抑制や動脈硬化予防にも効果が見込まれます。

高血圧に対する改善効果が高く、こちらは特定保健用食品として認可されているほどの働きがあります。

 

シャンピニオン

マッシュルームのことです。

食物繊維が多く、腸内環境を改善して排便をサポート。

ダイエットにも健康にも嬉しい成分です。

 

「ポンピン」には副作用や危険な成分はある?

途中でも述べましたが、従来の商品によく含まれていた

 

「プラエリア」

 

が配合されていないので、ポンピンはほぼ安全と言い切れるでしょう。

プラエリア・ミリフィカは健康被害が多数報告されていて、副作用のリスクから摂取を控えるように注意喚起されている成分です。

いくらバストアップできたとしても、副作用があっては元も子もありませんからね。

ポンピンはプラエリアに変わって

 

ボルフィリン

 

が使用されています。

こちらは安全な成分ですので、ご安心ください。

 

ポンピンにはアレルギー成分がある?

調査してみましたが、現段階ではアレルギーによるトラブル報告はないようです。

しかし、敏感肌の方や、以前にアレルギー反応の経験を持つ方は注意する必要がありますね。

成分をしっかり確認し、心配な場合は少量から使い始めるのが望ましいでしょう。

 

まとめ

ポンピンアップジェルやポンピンゼリーに含まれる成分は女性に嬉しいものばかり。

ほぼ全てが美容成分でできているから、安全で、不安なく使用し続けることができます。

長く使用することで、ハリと潤いのある艶やかなバストを目指しましょう。

もちろん、敏感肌の方やアレルギー経験のある方は注意です!

自分で判断しかねるときには、病院に相談するのも手ですね。